おまとめローンの上限とは?年収ごとの限度額目安と総量規制について

おまとめローンの上限とは?年収ごとの限度額目安と総量規制について

銀行系のおまとめローン商品では限度額が800万~1000万円、消費者金融系のおまとめローンだと限度額が300万円~500万円くらいに設定されている商品が多いです。

ですが、本当に1000万円のおまとめローンなんて利用することが可能なのでしょうか?

答えは「限りなくNO!に近い」となります。
たしかに800万円や1000万円までおまとめローンで借入れをすることはできます。

しかしそれは本当にごく一部の限られた人たちだけだと考えておいた方が良いでしょう。

ちょっと酷な言い方になってしまいますが、
普通の会社員の人がいくらおまとめローンだからといって1000万円をローンで借りるのはほぼ不可能に近いです。

ではどうやっておまとめローンの限度額は決められるのでしょうか?

今回はおまとめローンで利用できる限度額について少し話をしていきたいと思います。

おまとめローンに総量規制は引っ掛かる?

まず良く耳にする言葉「総量規制」について簡単に話しておきましょう。

総量規制とは?

総量規制とは年収の3分の1以上のお金を貸金業者から借りることができないことを定めた貸金業法で、2006年に公布され2010年から施行された法律です。

300万の年収だとするならば100万円までが借入可能の額となるわけです。

銀行でお金を借りると総量規制の対象外!だが、消費者金融でお金を借りるときは総量規制が適用になり年収の3分の1までしかお金を借りることができない!というのは皆さん知ってる方も多いと思います。

しかしこれがおまとめローンになると少し事情が違ってきます。もともと銀行でお金を借りるときは総量規制は問題外なので心配する必要はありませんよね。

ですがおまとめローンとしてお金を借りるのであれば、消費者金融であっても総量規制の適用外となるんです。(参考: おまとめローンは総量規制の対象外になるのか?

これは説明すると少し難しくなるのですが、要するに「借りる人にとってプラスになるのであれば、総量規制の対象外で良いよ」という法律があるからなんです。

「借りる人のプラスになる」というのが重要な部分なのですが、要するにおまとめローンを借りることでその人が借金苦から立ち直るチャンスになるんだったら、総量規制の3分の1以上でもお金を貸していいですよ!と決まってるのです。

つまりおまとめローンとしてお金を借りるのであれば銀行はもちろん、消費者金融でも総量規制の対象とはなりません!

おまとめローンの限度額を決める要因

おまとめローンの限度額を決めるコレといった要因はありません。総合的な判断でその人の限度額が決定されるのが一般的だからです。

その中でも一番の軸になってくるのが、やはりその人の年収だと思います。年収が多ければ多いほど限度額は高く設定される可能性が高くなります。

総量規制の対象にならないとはいえ、収入はその人の返済能力を見る上で最重要の項目です。

しかしそれ以外にも複合的な要因として勤続年数、過去の返済履歴、職業、雇用形態なども関係してきます。

例えば年収1000万円の人であっても勤続年数が1年だったり、過去に度々他社ローンの返済を滞納したり遅延してるようでは、その人の信用度に問題ありと判断され、限度額の減額どころか審査の時点で融資不可と判断されてもおかしくありません。

それよりも総合的にみて年収600万円で、勤続10年以上、過去の取引実績も問題なし、しかも職業が公務員だったりすると信用度はあがり、借入限度額も増えることでしょう。

このように年収が多いからといって、必ずしも限度額が多くなるというものではありません。お金を貸す側が一番重要視しているのは、間違いなくその人の信用度です。

年収ごとに見るおまとめローン限度額の目安

先にも言ったようにおまとめローンの限度額は様々な要因を複合的に判断して決められるので、年収だけで限度額を指標するのはナンセンスなのですが、あくまでも1つの目安として書いておきます。

勤続年数や職業も同じで、過去に金融事故など何もマイナス要因がないということを前提に年収別の限度額目安を出しておきます。

年収 限度額
200万円 200万円
300万円 300万円
400万円 410万円
500万円 520万円
700万円 720万円

本当にわたしの勝手な予測として書いた金額なので、なんの確証もありません。ただこの金額を算出した根拠はあります。
この金額を出すための目安として考えたのが、
返済負担率です。

返済負担率とは、一般的に住宅ローンの借入可能額などを算出するときに用いられる数字なのですが、あなたの年収から月々無理なく返済できるであろう負担金額を算出するための数字です。一般的には返済負担率が25%~30%程度に収まるのが良好と言われています。

つまり年収300万円の人であれば、ボーナスなどは関係なく300万円を12ヶ月で割ると、1ヶ月の収入は25万円となりますよね。その25万円から25%~30%くらいであれば返済に充てても生活には困らないという数字なので、この場合25万円の25%は62,000円程度となります。

それを金利8.0%、返済期間5年として考えた場合、借入可能額は約300万円になるという計算で割り出しました。

ただし仮に毎月車のローンを1万円返済してるとしましょう。そうするとおまとめローンに返済できる金額は62,000円から1万円を引いた52,000円が返済負担率では25%となります。そうすると借入限度額の試算は同じ年収300万円だとしても約250万円となります。

まとめ

おまとめローンの借入限度額にはその人の年収が密接に関係してるのは、まぎれもない事実です。

しかし年収が高いからといって借入限度額が高くなるとは限りません。
その人の勤続年数、職業、過去の返済履歴などを総合的に判断して決められるものなので、一概に年収だけで言い表すことはできません。

ただひとつの目安として、収入の25%までなら借金返済に充てても生活に支障ができないだろうと言われており、これを返済負担率といいます。この返済負担率25%で考えると、年収とほぼ同等額が借入限度額ということになります。

>> おすすめのおまとめローンや各銀行のおまとめローン比較表はこちらの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加