中国銀行カードローンの審査方法や種類、メリット、デメリットをご紹介!

中国銀行カードローンの審査方法や種類、メリット、デメリットをご紹介!

中国銀行。略して中銀は岡山県に本店を構え、近隣の広島県や香川県などに支店を展開して営業している銀行となっています。

中国銀行ではカードローン商品として以下の4つのカードローン商品を提供しています。

  • カードローンコ・レ・カ
  • カードローンi-コ・レ・カ
  • カードローンミニ
  • ATMカードローン

今回はこちらの銀行のカードローン商品に設定されている限度額や金利、審査申込の方法や利用するうえでのメリット、デメリットついて紹介します。

中国銀行カードローンコ・レ・カの貸付条件

申込年齢 20歳から65歳まで
利用限度額 10万円から500万円
実質年率 5.5%~14.5%
審査時間 最短即日回答
総量規制 対象外
保証会社 中銀カード株式会社、
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

中国銀行カードローンコ・レ・カのメリット、デメリット

・すぐに即日融資ができる場合がある。

・来店必須

中国銀行カードローンコ・レ・カの特徴

こちらのカードローンは中国銀行のカードローンの代表的な商品の一つです。

限度額は500万円までと他社のローン商品と比較しても余裕のある設定になっており、気になる利率も最高金利で年14.5%と、まさしく銀行系カードローンだからこその商品設計となっています。

また、申し込みは同行に口座を持っている人であればパート・アルバイト・個人事業主の人はもちろん配偶者に安定した収入のある専業主婦の人でも可能となっています。

ただしこちらの商品は同行の営業区域である岡山県、香川県、広島県に住んでいる、もしくは勤務先がある人からのみ申し込みを受け付けているので注意が必要です。

中国銀行カードローンi-コ・レ・カの貸付条件

申込年齢 20歳から64歳まで
利用限度額 10万円から100万円
実質年率 14.5%
審査時間 3営業日程度
総量規制 対象外
保証会社 中銀カード株式会社、
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

中国銀行カードローンi-コ・レ・カのメリット、デメリット

・来店不要(融資までに必要な時間は1週間程度)

・個人事業主NG

中国銀行カードローンi-コ・レ・カの特徴

こちらの商品はインターネット上で申し込みから契約手続きまでを完結できるタイプのカードローンとなっています。

書類の郵送や煩わしい来店も不要となっており、日中に銀行へ出向く時間が取れない人にはまさにうってつけの商品です。

なお、こちらの商品は中国銀行に既に口座を開設していてキャッシュカードを持っている人のみ申込可能となっています。

中国銀行カードローンミニの貸付条件

申込年齢 20歳から65歳まで
利用限度額 10万円から50万円
実質年率 8.5%~10.0%
審査時間 最短即日
総量規制 対象外
保証会社 中銀カード株式会社、
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

中国銀行カードローンミニのメリット、デメリット

・最も低金利

・来店必須

・融資までに必要な時間は数日~1週間程度

中国銀行カードローンミニの特徴

こちらのカードローンは商品名通り、限度額が50万円までと同行の他の商品と比較して若干小さい規模の商品となっています。

しかしその利率は最高金利でも10%となっており、中長期的に借り入れを運用するのであればお得な商品設計と言えます。

また、給与振込や年金振込などの受取口座を同行の総合口座に設定していたり、公共料金の自動振替を3種類以上こちらの口座から引き落としにしている場合などは最大1.5%の金利優遇が受けられますので、同行を生活のメインバンクにしている場合はこちらの商品に申し込むべきと言っても決して過言ではありません。

なお、こちらの商品は同行の総合口座に紐付けして使用するタイプとなっていますので、同行で総合口座を開設している人のみ申込可能となっています。

中国銀行ATMカードローンの貸付条件

申込年齢 23歳から64歳まで
利用限度額 10万円から90万円
実質年率 14.5%
審査時間 即日借入可能
総量規制 対象外
保証会社 中銀カード株式会社

中国銀行ATMカードローンのメリット、デメリット

・即時借り入れ可能

・招待制

中国銀行ATMカードローンの特徴

こちらのカードローンは資金を借りたい人が申し込みを行うのではなく、「銀行が借りて欲しい人を選ぶ」という性質の商品となっています。

事前に中国銀行側で選定した人が利用可能となっているので、特にこちら側から書類を揃えて申し込みをするなどという手順はありません。

審査も、こちらのカードローンが利用可能だと気づいた時には既に完了していますので、申込者が行うことはATMでこちらのカードローンに申し込みをして、5分程度で完了できる契約作業をするだけとなっています。

もちろんこちらのカードローンは同行に口座を開設していて、一定以上の取引がある人のみ融資の対象となっています。

中国銀行カードローンの審査の流れと必要書類

このように4種類のカードローンが提供されている中国銀行ですが、実際に申し込みを行うにはどういった方法があるのでしょうか。

今回はお金がすぐにでも必要なので急いでいるという想定で、それぞれの商品の具体的な申込方法や審査の流れを紹介します。

中国銀行カードローンコ・レ・カ、ミニの場合

こちらの商品はインターネット、電話、FAXで仮審査申し込みが可能となっています。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で保証会社などが表示している個人情報に関する取扱の方針に同意して、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の氏名や住所、連絡を受けたい電話番号、家族の構成や勤務先に関する情報、他の金融機関と現在契約している借入や他の銀行での定期預金などの状況を入力し、申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.中国銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短4時間程度)

4.中国銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合は中国銀行の本支店への来店で本申込をするように要請されるので、来店したい日時と実際に足を運ぶ最寄りの店舗を電話で指定し、予約を行う。急ぎの場合は事情を説明し、その日の内に即座に来店する。

6.来店で本申込を行ったあと、中国銀行側で本審査を行う。(※通常2時間程度)

7.本審査に通過して契約に不備が無ければ、最終手続きが行われる。

8.最終手続完了後、コ・レ・カの場合はローンカードが郵送され、カードローンミニの場合はキャッシュカードへローンカード機能が付加されて契約完了。その時から中国銀行本支店のATMや提携金融機関のATMから融資金を引き出すことが可能。なおコ・レ・カの場合のみ、急ぎの場合はその場で融資を受けることも可能。

電話で申込の場合

1.0120-608-997に電話をかけ、「コレカ(もしくはカードローンミニ)に申し込みをしたい」と告げる。

2.オペレーターさんの指示に従ってインターネット申込と同様に申し込みに必要な情報についての質問に全て答え、一旦電話を切って中国銀行側の仮審査を待つ。

3.中国銀行・保証会社側で仮審査を行う。

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

FAXで申込の場合

1.公式サイトから仮審査申込書をプリントアウトし、必要事項を記入する。

2.086-231-0529にFAX送付する。

※書類の到着後の流れはインターネット申込の場合と同じ。

中国銀行カードローンi-コ・レ・カの場合

こちらの商品はインターネットで審査申し込みが可能となっています。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で別途提示されている個人情報の取扱方針に同意して申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームでは申込者の住所や名前・希望する連絡先、家族の構成や勤め先に関わる情報、他の金融機関からの借り入れや他の銀行で行っている定期預金などのいわゆる「資産状況」を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.中国銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は平均3営業日程度)

4.中国銀行から審査結果に関する電話が着信する。

5.審査に通過していた場合は専用ローンカードが別途郵送されてくるので、そこで契約完了。その時から中国銀行本支店のATMはもちろん、ゆうちょ銀行など提携金融機関のATMから融資金が引き出し可能。(※通常カード到着まで1週間程度)

中国銀行ATMカードローンの場合

こちらの商品は同行ATMで申し込みが可能となっています。

ATMでの申込の場合

1.ATMの画面で「カードローン申込」を押す。

2.キャッシュカードなどを挿入し、契約に関する情報に同意して契約ボタンを押す。(※ここまでで約3分程度)

3.その場で契約が完了し、融資金を引き出して利用開始。(※契約完了から融資金引き出しまで2分程度)

必要書類

必要書類は本人確認書類として運転免許証・パスポートなどの顔写真付き身分証明書と、別途健康保険証、そして金融機関の届け印や同行口座のキャッシュカードや通帳が最低限必要となります。

また、審査の結果として銀行側が必要であると判断した場合や希望している融資の金額によっては、収入を証明できる書類などが別途必要と連絡を受けるケースもあります。

出来る限りこれらの書類は事前に用意して揃えておくか、あるいは必要な際にはすぐに用意できるように段取りをしておきましょう。

在籍確認はある?

在籍確認は通常、仮審査の最後の段階で最低1回、その他必要に応じて何度か行われることになります。

在籍確認の電話は原則として保証会社側で行うことになっていますが、銀行側で必要と判断した場合には、直接銀行からもう一度電話で在籍を確認します。
 

まとめ

中国銀行は同行に口座を持っている人を主な対象とした商品が多数展開されています。

専業主婦の人でも配偶者に安定した収入があれば申し込み可能となっていますし、年金受給者の人でも申し込み可能な商品も提供されています。

即日融資可能なカードローンもあるため、同行の利用がある方には大変利用しやすいカードローンだと思います。

お申込みはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加